インプラント認証医が担当の高度インプラント治療|IS歯科 埼玉県三郷市 草加市 吉川市 流山市 越谷市

各種保険診療 駐車場 6台 完備 048-957-0418

Implant / インプラント

日本口腔インプラント学会認証医ドクター 日本口腔インプラント学会専門歯科技工士 日本歯科麻酔学会認定医ドクターが織りなす、世界標準のインプラント

+世界水準のインプラント治療-当院が選ばれる3つの理由

当院には全国から多くの患者様が来院されます。

その理由は「世界水準の卓越した技術・診断レベル」、「安全性・確実性・長期安定性を追求した当院オリジナルのシステム」、「見た目(審美性)の回復」の3つにあります。それぞれ特徴をご紹介していきます。

 

 

当院が選ばれる理由1 世界水準の卓越した技術・診断レベル

オペ

近年、インプラント治療の技術を磨くための研修・セミナーは増加傾向にあり、内容も非常に充実したものになってまいりました。それに伴い、インプラントを埋入するだけなら、少し勉強した歯科医師でもインプラント治療を行うのは簡単なことです。

 

ただ、誤解して頂きたくないのが、あくまで「埋入するだけ」という点において成功率が高くなっただけで、その点で言えばインプラントは成功して当たり前の時代になってきているのです。

 

院長

それを大前提とし、現在は「いかに審美性を追求し、

スピーディーに無痛でインプラントを埋入するか」が

重視される時代にシフトしてきています。埋入する

だけなら簡単なインプラント治療が、これを目的に

した途端、実現できる歯科医院は非常に限定されたもの

となります。

 

これまで培ってきた当院独自のシステムを

下記の4つに区分してご説明したいと思います。

 

技術・診断力チーム睡眠無痛治療様々な術式

 

 

 

技術・診断力

技術・診断力を高めるには、「最先先端の知識・技術の習得」、「CT・シュミレーションソフトによる分析」がなによりも大切になります。

 

歯科医療先進国の最先端知識・技術の習得

最近では日本歯科医療もインプラント技術レベルが高くなってきていますが、まだ欧米のレベルにまで達していません。当院のインプラント執刀医は日本だけでなく、積極的に海外の情報を取得し患者様に還元しております。

海外の技術

 

インプラント治療の成否を分けるCT・シュミレーションソフトの活用

CT

もはや、CT撮影はインプラント治療を成功させるため

にはなくてはならないものというのが世界の認識です。

CTとは、立体的(三次元)に骨の状態や神経の位置を

把握できる特殊な撮影装置です。従来のレントゲンでは

見えなかった事、分からなかった事が、歯科用CTなら

正確な診査と診断ができ、安全性と治療のクオリティー

を高めることが可能となります。当院では、院内に

CTを設置し、オペの際は必ずCT撮影を行い、

そしてオペ後もCT撮影を行い、翌日来院して頂く際に、

CT画像をお見せしながら治療後の状態をご説明しています。

 

また、インプラントを成功させる為に欠かせないもう一つのツールとして「シュミレーションソフト(ノーベルガイド)」があります。シュミレーションソフト(ノーベルガイド)を簡単に説明しますと、今までは実際に手術をし、歯ぐきを切開してみなければ分らなかった事が、手術前に分ってしまうことが特徴的です。骨の厚さや神経、血管の位置などですね。これが事前に分ることで、手術前に様々なシミュレーションが可能になります。どの部分に、どの方向に、どのくらいの深さまで、どのサイズのインプラントを埋入するだとか、ここには神経、血管が走っているので、避けてインプラントを埋入しようなどです。

CT画像

 

以前までのインプラント手術は、歯科医師の経験や勘に頼った部分が多くありました。

しかし、このシュミレーションソフトを活用することで、「経験や勘」といったあいまいなものに頼るのではなく、「データ」に基づいた手術が可能となり、安全性・正確性が格段に向上します。

 

 

各分野の専門家によるチーム医療

集合

高度なレベルでインプラント治療をする場合、歯科に関する様々な分野の知識・経験を駆使する必要があります。例えば、補綴学、咬合学、歯周病学、解剖学、口腔外科学、歯科麻酔学などなど。先ほどもお話ししましたが、単にインプラントを埋め込むことは簡単です。しかし、それだけでは、治療後に様々な問題が生じる恐れがあります。当院では、各分野の専門家が集まり、それぞれの専門性を生かしたインプラント治療に取り組んでいます。具体的には日本口腔学会認定医が執刀を行い、日本口腔インプラント学会専門歯科技工士が技工作業を行い、ケースによっては日本歯科麻酔学会認定医が静脈内鎮静法を担当いたします。それぞれのドクターに話を伺ってきましたので、興味のあるドクター画像をクリックしてご参照ください。

 

執刀:日本口腔インプラント学会「認証医」

院長2

日本口腔インプラント学会認証医取得
東京歯科大学臨床検査学研究室大学院博士取得
九州インプラント研究会(KIRG)
インプラント認定医100時間講習

 

 

詳しくはこちら

 

静脈内鎮静法:日本歯科麻酔学会「認定医」

久保

日本口腔インプラント学会認証医
日本歯科麻酔学会認定医
日本障害者歯科学会認定医

 

 

 

詳しくはこちら

 

技工:日本口腔インプラント学会「専門歯科技工士」

小川2

日本口腔インプラント学会専門歯科技工士

 

 

 

 

 

詳しくはこちら

 

 

寝ている間に終了する「睡眠無痛治療」

オペ2

当院でのインプラント治療は基本的に「局所麻酔(通常の治療で利用する麻酔)」で対応させて頂いておりますが、患者様がご希望される場合、またはドクターが判断した場合は「静脈内鎮静法」という麻酔を行います。静脈内鎮静法とは、全身麻酔に近いにも関わらず身体への負担が少なく、「うとうと」した状態になり、緊張や不安、痛みを感じないまま手術を終える事が出来ます。この方法を利用した患者様のほとんどが「気づいたら終わっていた」とおっしゃいます。もちろん、副作用や後遺症などありませんのでご安心ください。

当院では、静脈内鎮静麻酔を行う場合は、提携している麻酔専門医の先生と共に治療を行います。

 

 

 

すべての症例に対応する様々な術式

インプラント治療は患者様のお口の状態、そしてご希望に合わせて様々な術式があります。

それぞれご紹介いたします。

 

骨の量が少ない方

 

骨の量が少ない方は、「傾斜埋入法」「ショートインプラント法」などをご提案いたします。ケースによっては骨を再生させる「骨造成法」をご提案させて頂くこともありますが、治療期間が長くなってしまう事が難点です。当院では可能な限り患者様の負担を少なくなる「傾斜埋入法」「ショートインプラント法」をご提案させて頂いております。

 

総入れ歯の方

 

総入れ歯の方がインプラントをする場合、従来法であれば、歯の数だけのインプラントを埋入必要がありましたが、この手法は患者様に肉体的・精神的、そして金銭的負担が多くかかりました。そのため当院ではAll-om-4という手法を利用することで、そのような負担を大幅に軽減しております。また、この治療法は、治療したその日から会話や食事が可能になることが特徴的です。

 

抜歯が必要な方

 

インプラントをする多くの方が、歯周病が原因で抜歯になってしまった方です。従来法では、抜歯後、状態が安定してからインプラントを埋め込んでいましたので、どうしても治療期間が長くなっていました。しかし、抜歯即自埋入法という手法を利用することで、治療期間を大幅に短縮することが可能になります。抜歯即時埋入法とはその名の通り、抜歯してそのまますぐにインプラントを埋入する手法です。

 

 

当院が選ばれる理由2 安全性・確実性・長期安定性の追求

前述したことですが、研究も進んでいる現在では、インプラントを埋入するだけであればどの歯科医院でも簡単に行えるようになってまいりました。

しかし、生涯にわたりインプラントを機能させ続けるという点においては、まだまだどの医院でも対応できるものではありません。なぜなら、治療技術はもちろんのこと、定期メンテナンスの徹底、衛生管理、設備投資などが必要となるためです。

 

当院では、インプラント治療を安全で、確かなものにし、そして可能な限り長く持たせていくための設備を整えております。インプラント事故がクローズアップされている現代だからこそ、当院で安全なインプラント治療を受けられてみてはいかがでしょうか。

 

オペ室

無菌状態がインプラント治療の成否を分けます。当院ではオペ専用の完全個室診療室があります。

歯科用CT

インプラントオペの際は必ずCT撮影・分析を実施します。

インプラントメーカー

全世界のドクターから信頼されている「ブローネマルク」「カルチテック」システムを利用しています。

生体情報モニター

インプラント治療中の患者様の状態を的確に把握する生体情報モニターを導入しております。

衛生管理

当然のことですが、使用する材料・機材等はすべて滅菌消毒し、使い捨てできるものはすべて使い捨てを徹底しております。

マイクロスコープ

症例によっては僅かな手先のミスが問題を起こすこともあります。精密治療を実施するためマイクロスコープを導入しています。

 

その他、インプラントを長持ちさせるために一番大切なことは「術後のメンテナンス」です。特に、インプラント周囲炎という病気に注意を払わなければなりません。

 

インプラント周囲炎は、歯周病と同じく、歯周病原性細菌によって起こる病気です。つまり、インプラント周囲炎を予防するためには、歯周病治療が前提となります。もし、治療しないで放置しておくと、周りの骨がなくなり、最終的にはインプラントが抜け落ちてしまいます。症状は歯周病と類似していますが、見た目の炎症や腫れがあまりないにもかかわらず、病気の進行速度が天然歯に比べ10~20倍と非常に速いことが特徴です。

インプラント歯周炎

 

当院では、治療後のメンテナンスのしやすさまでを考え、カスタムオーダーメイドの材料を利用しています。また、万が一のことも考え、5~10年の保証体制も構築していますので、安心して治療に臨んでいただくことができます。

 

これからは、治療後のメンテナンス(特にインプラント周囲炎)にどれだけ力を入れている医院なのかを、事前に見極めることが大切になると私は考えます。

 

 

当院が選ばれる理由3 天然歯と見分けがつかない程の審美性の回復

今後のインプラントは、「安全確実に埋入して、しっかり噛めるようになる治療」ではなく、「安全確実に埋入して、しっかり噛めるようになり、天然歯と変わらない審美性を回復させる治療」でなければなりません。

 

上記目標を達成させるために当院で行っていることをご紹介いたします。

 

 

審美に特化した歯科技工士の存在

技工士

技工士2

皆様はあまりご存じないかもしれませんが、インプラントの

上部構造(歯になる部分)は歯科技工所という別のところで作成

します。1から100まですべて歯科医師が作るわけではありま

せん。つまり、いくら歯科医師の能力が高くとも、連携している

歯科技工所の能力が高くなければ決してよい上部構造

は作れないということです。

したがって、どの技工所と連携しているかで上部構造

の良し悪しが変わってきます。今回は、当院連携している

歯科技工士さんにお話を伺ってきました。

インプラント専門歯科技工士」という資格を保有されている

非常に優秀な技工士さんです。詳しくは対談をご参照ください。

 

 

「歯肉・骨」の審美性・バランスも大切

審美性(見た目の美しさ)というと「歯の形態・色」にのみ目がいきがちですが、口元の美しさを達成させるためには、「歯」だけでなく「歯肉・骨の状態」も大切になります。特にインプラントをされる方は、歯周病や長期間の入れ歯利用で、歯肉や骨が退縮していることが多いため、そちらのほうも総合的に考えながら治療を進めなければ、天然歯と見分けがつかないインプラント治療はできません。当院ではインプラント治療と並行し、歯肉形成外科や、骨造成法を活用し、総合的な口元の美を追求しています。

 

ビフォアー アフター

 

 

 

 

当院で歯科治療を受けられた患者様から頂いたご感想をご紹介しております。

ご興味がある方は、患者様の声をご覧ください。

 

 

症例に関しては症例集をご参照ください。